沖縄県公文書館 > 公文書館通信 > あの日の沖縄

公文書館通信

あの日の沖縄

 1947年(昭和22)9月19日、宮内府御用掛寺崎秀成は対日理事会議長兼連合国最高司令部外交局長ウィリアム・ジョセフ・シーボルトを訪問し、米国による沖縄の軍事占領に関する天皇の見解を伝えました。
もっと見る
 日本政府は1945年(昭和20)8月14日にポツダム宣言を受諾、9月2日に米艦船ミズーリ艦上で降伏文書に調印しました。同年9月7日、沖縄では琉球列島の全日本軍は無条件降伏を受け入れる旨を記した降伏文書に...
もっと見る
 1948年(昭和23)8月6日、伊江島で沖縄の米軍関係では戦後最大となる事故が発生しました。米軍が沖縄戦時の不発弾や未使用爆弾を船に積み込み、島外に運び出す作業をしていた際に、荷崩れを起こし弾薬が爆発し...
もっと見る