沖縄県公文書館 > 資料紹介 > 沖縄関係資料 > 沖縄本島及び周辺離島の風物

沖縄関連資料

沖縄本島及び周辺離島の風物

【資料の名称】 沖縄本島及び周辺離島の風物
【資料ガイド】 沖縄関係資料>個人文書>その他>河村只雄文書

【資料の概要】
 社会学博士の河村只雄[1893-1941]は、1936年から40年の間に5回、沖縄を訪れて島々を巡り、1939年に『南方文化の探究』を著した。没後の1943年には『続南方文化の探究 薩南、琉球の島々』が刊行された。
 河村は1932年8月から文部省所管の国民精神文化研究所の所員となり、その研究活動の一環として沖縄調査を行った。2度目となった1937年は、那覇で「非常時局と教学の刷新」「非常時局克服の力」「家族・私有財産及び国家」の題で講演している。この前後3週間足らずの滞在中に沖縄島各地、伊是名島、伊平屋島まで足を延ばした。この時はスチール用カメラだけでなく、8ミリフィルム用の撮影機も持参して撮影した。戦前の沖縄の風景や人物を撮った動画資料は貴重なもので、那覇市辻の料亭で披露された琉球舞踊の映像もある。
 沖縄県公文書館は、1998年3月、遺族から8ミリフィルム15リールの寄贈を受け、合計60分の映像をデジタル化して利用に供している。なお、このうち1リールは箱書きに「姫路のお城」とあり、撮影地が沖縄ではない。

【資料リスト】河村只雄映像資料 沖縄関係

No. 

撮影日 タイトル/時間 資料コード
1  7月21日  那覇の市場 波上宮/4’21” 0000069293
2  7月23日  浦添宮城の闘牛/2’11” 0000069301
3  7月23、24日  浦添宮城の闘牛 万座毛 今帰仁/4’21” 0000069302
4  7月24日  名護 名護城/4’18” 0000069303
5  7月27日  宝来館 識名園/4’17” 0000069294
6  7月27、28日  識名園 辻の踊り/4’19” 0000069295
7  7月28日  辻の踊り/4’22” 0000069296
8  7月28日  辻の踊り/4’19” 0000069297
9  7月29日  沖縄県庁 糸満白銀堂/4’15” 0000069299
10  7月29、31日  糸満 伊平屋/2’47” 0000069300
11  7月31日  野甫島 伊平屋/4’24” 0000069304
12  8月3、5日  伊平屋 伊是名/4’13” 0000069305
13  首里城 博物館  放生橋 円覚寺/4’20” 0000069298
14  那覇港(軍艦) 鹿児島 岡山/4’18” 0000069306
15  姫路のお城他/? 0000069307

(1)撮影年はすべて1937年(昭和12)。
(2)撮影日は「河村只雄日記 昭和12年」資料コード[0000053811]をもとに推定した。日付の推定が困難な映像は「-」とした。

【公開日】1998年度