ホーム公文書館通信あの日の沖縄 > 宮森小学校米軍ジェット機墜落事故

宮森小学校米軍ジェット機墜落事故

 1959(昭和34)年6月30日、午前10時40分頃、米軍嘉手納基地所属のF100Dジェット戦闘機がテスト飛行中にエンジントラブルを起こしパイロットはパラシュートで脱出、無人になった機体は沖縄本島中部の石川市立(現うるま市立)宮森小学校に墜落し炎上、この事故で児童11人を含む17人が亡くなり、210人(児童156人、一般54人)が負傷しました。

 

 当時、同小学校の教室ではミルク給食の時間でした。

 突然の墜落事故で周辺は火の海となり、火だるまになった子供たちが水のみ場まで走り、そのまま息絶えたと伝えられています。

 宮森小学校校内には、亡くなった子供達を慰霊するために「仲よし地蔵」が設けられ、毎年6月30日には慰霊集会が行われています。

 

 この事故のことを風化させないために50年目の今年、関係者の方々が「宮森630館」設置準備委員会を設立しました。

 2009年6月30日、宮森小学校内に事故を伝える資料室がオープンします。>>宮森「630館」設置委員会のページへ

 

 

【当館所蔵の宮森小学校ジェット機墜落事故関係資料】

・「TVウィークリー 陸軍病院に入院中の宮森小学校(ジェット機事故)」(5分間のサンプル映像)

・「Ishikawa Jet Crash Incident . Folder 1 of 4.」(1959年7月) 資料コード:U81101003B マイクロフィルム番号(記録アドレス):受99S255-0191

・「石川市宮森小学校ジェット機墜落事件関係書類 1959年6月30日事件」(1959年7月) 資料コード:R00020573B

「立法院議長 石川市宮森小学校の惨事に関する弔電」第14回定例 第24号(PDF)

※琉球立法院本会議の会議録でも検索・閲覧できます。>>「琉球立法院会議録」へ

 

【参考文献等】

・福地昿昭「石川ジェット機事件」『沖縄大百科事典 上巻 ア~ク』(1983年 沖縄タイムス社) 資料コード:T00000187B

・伊波信光『石川市史』(1988年 石川市) 資料コード:G00011845B

・うるま市石川歴史民俗資料館「宮森小学校(仲よし地蔵)」」『沖縄県公文書館友の会歴史巡見ツアー 戦後行政の出発点と人々の暮らし』(2006年)

「米軍基地の現状」沖縄県知事公室基地対策課のページへ

 

  

Copyright © 2008 OKINAWA Prefectural Archives. All Rights Reserved.