ホーム公文書館通信あの日の沖縄 > 9月7日 沖縄での降伏調印式 (1945年)

9月7日 沖縄での降伏調印式 (1945年)

 日本政府は1945(昭和20)年8月14日にポツダム宣言を受諾し、9月2日には日本側と連合国側代表が米艦船ミズーリ艦上で降伏文書に調印しました。

 

 
 沖縄では、同年9月7日に南西諸島の全日本軍を代表して宮古島から第28師団(豊部隊)の納見敏郎(のうみ・としろう) 中将のほか、奄美大島から高田利貞(たかだ・としさだ)陸軍少将、加藤唯男(かとう・ただお)海軍少将らが参列し、米軍に対して琉球列島の全日本軍は無条 件降伏を受け入れる旨を記した降伏文書に署名しました。これに対し、米軍を代表してスティルウェル大将が日本軍の降伏を受諾・署名し、沖縄戦は公式に終結 しました。


降伏調印文書 1945年9月7日 

「降伏調印文書(Surrender) 1945年9月7日」資料コード:0000017549

 

降伏文書調印式の映像(下記タイトルの映像を3分に編集。未編集の映像は当館で閲覧できます)

>>降伏文書調印式(ブロードバンド用)

>>降伏文書調印式(ナローバンド用)

「 Japs[I.E.Japanese〕 Surrender to Gen.Stillwell at Okinawa/降伏文書調印式(嘉手納)」1945年9月6日 (7分 無声 モノクロ) 資料コード:0000012569 

 

 

 

  

 

 

【その他の映像資料】

・「沖縄戦 未来への証言 英語版」1990年 沖縄戦記録フィルム1フィート運動の会(55分) 資料コード:T00002898B

 

【参考・引用文献】

・「公文書等の記録資料に見る沖縄戦

・『沖縄大百科事典 中巻』 1983年 沖縄タイムス社 資料コード:T00000199B 

・『日本復帰30周年記念特別展 資料に見る沖縄の歴史』 2002年 沖縄県 資料コード:0000063810 

・『平成17年度 沖縄県公文書館特別企画展 公文書等の記録資料に見る沖縄戦「アイスバーグ作戦 沖縄進攻作戦はこのように計画・実行・記録された」展示図録』 2005年 沖縄県公文書館 資料コード:0000063818

・『沖縄戦新聞第14号』 2005年9月7日 琉球新報社

・『沖縄市戦後文化資料展示室 ヒストリート Watching History from the Street』 2006年 沖縄市役所総務課市史編集担当 資料コード:0000068401

Copyright © 2008 OKINAWA Prefectural Archives. All Rights Reserved.