分類名:B0301
写真解説:【原文】 Interior view of main surgery in the 29th Portable Surgical Hospital, located near Yontan Airstrip, which is under operational control of the 5th Air Force. This unit can transport enough equipment to operate for 30 days in 11 Douglas C-47 ”Skytrains”, leaving a rear echelon to be brought up later. These hospitals are usually set up within a short distance of airtrips to handle emergency cases such as injured crewmen. The 29th Portable Surgical Hospital gave outstanding performances at Wadke, Biak, Tacloban. Patients are held here until recovered enough to be transported back to a station or general hospital. Okinawa, Ryukyu Retto.
【和訳】 読谷飛行場近く、第5空軍運営管理下の第29移動外科病院の内部。この部隊は11機のダグラスC-47スカイトレインに30日分の装置や備品を備えており、後方梯隊を従えている。このような施設は緊急の場合に備えて飛行場の近くに設置されるがこの第29移動外科病院はワドク、ビアク、タクロバンで目立った活躍をした。患者はここで回復を待って基地や陸軍病院に護送される。
撮影地:読谷
撮影日:1945年 8月 9日
備考:医療、備品・用具
資料コード:0000112240
写真番号:15-46-1
アルバム名:米空軍コレクション 第二次大戦シリーズ 07


ウィンドウを閉じる