沖縄県公文書館 > 行事案内 > イベント案内 > 「沖縄観光のあゆみ」Web展示②

イベント案内

「沖縄観光のあゆみ」Web展示②

 所蔵資料展「沖縄観光のあゆみ」の展示資料をご紹介していきます。
 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当館は臨時休館となっておりますので、
 しばらくの間、HPで展示をお楽しみください。

■戦後の沖縄観光[1]

 戦後の沖縄は1972年(昭和47)まで米国施政権下にありました。日本人であっても、沖縄に渡航するには、日本政府と琉球列島米国民政府が発行する書類が要求され、出入域審査が課されました。
 戦後の混乱がおさまるにつれて、沖縄戦で没した軍人らを追悼する遺族や、知己の軍人の慰霊団が日本から訪ねてくるようになりました。やがて遺族団の規模も大きくなり、那覇市内のホテルや各地の民宿に宿泊し、土産物を購入するなど、観光産業を後押ししました。また沖縄では、通貨が1958 年(昭和33)からドルに切り替わり、輸入税率も低かったことから、高価な外国商品を安く買うことができたため、ショッピング観光も盛んになりました。

P5  瓦礫と化した首里城の城壁

P9  沖縄軍政府のお土産品店

 米軍人を相手に営業許可された土産品店。織物や壺屋焼のシーサーなどが並ぶ。沖縄の工芸品のほかに絵画などの芸術品も、軍政府の管理下で販売された。

P11  普天満宮で記念撮影する米兵

P14  琉球鹿児島間を運行していたおとひめ丸

 おとひめ丸は琉球海運株式会社が貨客船として建造、1966年から鹿児島航路に就航した。

 

P16  出入管理窓口 入国審査

 日本や海外から沖縄に到着した入域者は免疫証明書を提出し、出入管理庁のカウンターで身分証明書に入域印をもらって、さらに入域カードを提出した。続いて税関で荷物検査を受け、手続き完了となる。

 

P18  Caronia号から下船した世界一周観光団

 

 

 

 

8  『陸軍保安部指令綴』より
土産品営業ニ関スル件 琉球列島米国軍政本部

 米軍が沖縄民政府の知事に対して米軍人軍属へ土産品を販売する許可を与えるもの。土産品は琉球の物産の宣伝になり、民政府の財源にもなると書いている。しかし価格は米軍の統制下にあった。

 

11  沖縄渡航のしおり

 日本から沖縄へ渡航するための手続きをわかりやすくまとめている。渡航希望者は各都道府県の窓口で手続きした。このリーフレットは東京都発行のもの。

    

13  『警乗関係書類 旅具検査』より 
沖縄観光旅行団に対する税関警乗職員の派遣

 那覇税関長から主税局長あて。844人の修学旅行団が船で到着するにあたって、船会社の依頼によりあらかじめ税関職員を同乗させ、観光振興の政府方針にかんがみ、入域手続きを円滑かつ迅速に手続きを完了して好印象を与えたいと述べている。

15  Your guide to OKINAWA 沖縄へどうぞ 渡航手続きと観光案内

 戦後、沖縄の通貨は軍票などが流通したが、1958年からアメリカドルに切り替わった。さらに沖縄では輸入税が低率だったため、日本国内でよりも舶来品が安く購入できた。

16  『慰霊塔関係綴』より 
兵庫県戦没者沖縄慰霊塔建立趣意書
兵庫県戦没者沖縄慰霊塔建立委員会

 慰霊塔建立の許可を求めて作成した趣意書。戦後、さまざまな団体や個人が沖縄各地に慰霊碑を建立し、乱立状態となっていた。1962年、総理府特別地域連絡局長は、沖縄での慰霊碑建立は事前に琉球政府や沖縄遺族連合会、地元市町村と協議するよう通知した。

17  『慰霊塔関係綴』より 
船便利用参列者旅行日程/山形の塔 除幕式および慰霊祭挙行資料

 山形の塔除幕式および慰霊祭に、山形県知事など役職員34人、一般参列者32人の総勢66人が来沖した。旅行日程のほか慰霊祭式次第や渡航者名簿なども添付されている。

番号 展示資料件名 資料年代 出処情報

閲覧用資料
コード等

■戦後の沖縄観光[1]
P5  瓦礫と化した首里城の城壁  1945年5月  米海兵隊写真資料29  87-23-4
P6   波之上宮の破壊された鳥居  1945年6月  米海兵隊写真資料29  87-17-3
P7   破壊された玉陵で休む第1海兵師団  1945年5月30日  米海兵隊写真資料01  72-37-3
P8   石獅子を詳しく調べる海兵隊兵士  1945年6月2日  米海兵隊写真資料16  80-07-1
P9   沖縄軍政府のお土産品店  1947年11月22日  占領初期沖縄関係写真資料 陸軍18  04-42-4
P10   那覇を占領後、市内見物に出かける海兵隊員 波之上宮    米海兵隊写真資料05  74-22-1
P11  普天満宮で記念撮影する米兵  1954年7月20日  占領初期沖縄関係写真資料 陸軍43  08-11-1
P12  沖縄観光をする米兵 本部半島をのぞむ  1961年10月26日  米陸軍通信隊写真1  17-14-1
P13  那覇港に到着した日本海汽船・白山丸  1961年1月  琉球政府関係写真資料 171  047740
P14  琉球鹿児島間を運行していたおとひめ丸  1966年7月20日  琉球政府関係写真資料 069  019364
P15  荷物検査をする琉球税関  1959年11月  琉球政府関係写真資料 157  043968
P16   出入管理窓口 入国審査  1967年9月  琉球政府関係写真資料 091  025634
P17   Caronia号から下船した世界一周観光団に琉装の女性が貝のレイを贈呈  1963年  琉球政府関係写真資料 020  005507
P18   Caronia号から下船した世界一周観光団  1963年  琉球政府関係写真資料 020  005501
 9  身分証明書  1963年3月1日発行  日本政府 総理府  0000041542
10   International Certificate of Vaccination  1963年1月11日  Health Canter Tokyo Metropolitan Government  0000041542
11 沖縄渡航のしおり  1962年頃 東京都総務局外事部渡航移住課 0000041545
12 観光那覇  1960年12月25日刊 那覇市商工観光課 G00019385B
13 『警乗関係書類 旅具検査』より 沖縄観光旅行団に対する税関警乗職員の派遣  1967年3月14日決裁 琉球政府主税局那覇税関 R00011193B
14 旅客名簿 ヤクルト沖縄ツアー名簿  1972年 琉球政府法務局出入管理庁審査課 R00030548B
15 Your guide to OKINAWA 沖縄へどうぞ 渡航手続きと観光案内  1968年 琉球政府経済局観光課 R00070385B
16 『慰霊塔関係綴』より 兵庫県戦没者沖縄慰霊塔建立趣意書 兵庫県戦没者沖縄慰霊塔建立委員会  1963年12月7日 琉球政府厚生局援護課 R00084010B
17 『慰霊塔関係綴』より 船便利用参列者旅行日程/山形の塔 除幕式および慰霊祭挙行資料  1965年2月6日 山形県戦没者沖縄慰霊塔建設期成同盟会 R00084010B