沖縄県公文書館 > お知らせ > 重要なお知らせ > 公文書館を管理運営する文化振興会職員の新型コロナウイルス感染症の発生について

お知らせ

公文書館を管理運営する文化振興会職員の新型コロナウイルス感染症の発生について

5月12日(木)~17日(火)、公文書館を管理運営する沖縄県文化振興会公文書管理課職員3人(女性30代2人、女性50代1人)の感染が確認されましたので、お知らせします。

1 罹患した職員(A、B、C)の状況

  ・職員A(30代)

    5月11日(水) 出勤。その夜に咽頭痛あり。

    5月12日(木) 発熱と全身倦怠感あり。仕事を休んでPCR検査を受検した結果、陽性と判明。

  ・職員B(30代)

    5月13日(金) 週休。発熱、全身倦怠感、咽頭痛がありPCR検査を受検。

    5月14日(土) 陽性と判明。                      

  ・職員C(50代)

    5月13日(金) 出勤。抗原検査キットでは陰性。

    5月14日(土) 発熱と全身倦怠感。

    5月16日(月) 症状が続き仕事を休み、PCR検査受検

    5月17日(火) 陽性と判明。

 

2 勤務場所

  沖縄県公文書館管理棟1階(製本補修室)

 

3 沖縄県公文書館での感染症対策等

(1)当該職員2人について、職員Aは12日以降、職員Bは13日以降、職員Cは14日以降、それぞれ出勤はありません。

(2)製本補修室に従事する他の職員全員については、当面、在宅勤務等の措置を行い、17日(火)にPCR検査を受検しました。

(3)勤務場所及び共用スペースについては、12日(木)と16日(月)に消毒作業をしており、同室以外の業務は通常通り行っています。

(4)罹患者は閲覧棟に出入りしていないこと、さらに公文書館施設内は平時より消毒作業等の感染拡大防止策を行っていることから、休館等の対応は行いません。

(5)今後、保健所に連絡を行い、更なる感染拡大防止対策に取り組みます。

 

感染者及びご家族への人権・個人情報保護にご理解、ご配慮をお願いいたします。