沖縄県公文書館 > 利用案内 > 閲覧室・展示室

閲覧室・展示室

閲覧室の設備

当館は、入館無料でどなたでも閲覧室や展示室がご利用になれます。

 閲覧室では、沖縄県や琉球政府が作成した公文書※1の他、沖縄に関する歴史資料(文字資料だけでなく、映像や写真資料もあります。)を閲覧し複写することができます。
また、展示室では、所蔵資料を使用した展示を観覧できます。

閲覧室 展示室

※1 公文書とは、行政機関において公務員がその仕事をするために使用した文書をいいます。公文書に記録された行政の諸活動を通して、沖縄の歴史を知ることができます。

受付・参考資料室・閲覧席

(1)受付カウンター (2)参考資料室

閲覧や複写申請の申込みの他、利用方法や資料探しに関するお問い合わせの窓口です。

行政刊行物や沖縄関係一般図書等を置いています。閲覧手続は不要で自由に閲覧できます。

(3)閲覧席(18席) (4)特別閲覧室(6席)

資料を閲覧するための席です。この他一部閲覧制限資料のための特別閲覧席(2席)があります。

団体の方が資料を閲覧する時や、大型機材を使用して資料を複写する時などに使用する内室です。

閲覧装置

(1)ミニシアター (2)ビデオブース

団体の方が映像資料を視聴するための内室です。

映像又は音声資料を視聴するための内室です。ヘッドフォンを装着しての利用になります。

(3)検索閲覧用パソコン(3台) (4)当館ホームページ用パソコン(1台)

公文書館資料を検索するためのパソコンです。また、CD/DVDに記録された資料の閲覧に使用します。

当館のホームページの他、新聞記事データベースサービス等も利用できます。

(5)マイクロフィルムリーダー(3台) (6)空中写真閲覧システム(1台)

マイクロフィルム資料の閲覧や複写ができます。

米軍が戦中戦後に沖縄の各地を飛行機から撮影した空中写真を閲覧・複写できます。

利用時間制限

 より多くの利用者が公平に利用できるよう、閲覧装置には利用時間制限を設けています。ただし、制限時間を経過しても、他に申込者がいない間は連続して使用できます。また、特別閲覧室やミニシアターの予約は、受付カウンターに申し込んで下さい。

閲覧装置・設備等 制限時間 予約
特別閲覧室 3時間
ミニシアター 3時間
ビデオブース 3時間 不可
マイクロフィルムリーダー 1時間 不可
検索閲覧用パソコン 1時間 不可
当館ホームページ用パソコン 30分 不可
空中写真閲覧システム 30分 不可