沖縄県公文書館 > 公文書館通信 > お知らせ > 後々の世んかい残さびら公文書(あとぅあとぅぬゆんかいぬくさびらこうぶんしょ) 公文書講演会のお知らせ

お知らせ

後々の世んかい残さびら公文書(あとぅあとぅぬゆんかいぬくさびらこうぶんしょ) 公文書講演会のお知らせ

平成22年度公文書講演会を開催します。1. テーマ: 後々の世んかい残さびら公文書: 公文書管理法と私たちの役割

2. 日 時: 平成22年8月13日(金) 午後1時半~3時(午後1時受付開始)

3. 申し込み方法: 下記の申込書をプリントアウトし、ファックスしてくださるか、メールの方は住所・氏名・電話番号をメールに書いて担当に送ってください。

申込書(PDF) sankamousikomi.pdf
FAX: 098-888-3879    email: tomingkz@archives.pref.okinawa.jp

沖縄の皆様へ(早川和宏)

 昨年7月の公文書等の管理に関する法律の公布から、早くも1年が経ちました。国では、同法の施行へ向けての作業が急ピッチで進められています。
この法律は、国の公文書等が「健全な民主主義の根幹を支える国民共有の知的資源」であると高らかに謳っています。これまで、公文書等は「国のもの」と考えられてきましたが、同法の施行(来年4月の予定)以降は「国民のもの」と考えられるのです。今回の講演では、同法の具体的内容や、同法が沖縄県・県内の市町村に与える影響、そして主権者である県民の皆様の果たすべき役割について分かりやすくお話したいと思います。
講師プロフィール
はやかわ・かずひろ。大宮法科大学院大学准教授(行政法)。弁護士(第二東京弁護士会所属)。成城大学大学院法学研究科博士課程後期単位取得退学、高岡法科大学助教授を経て2007年から現職。博士課程在学中に国立公文書館の勤務を経験。早くから公文書関連法に関する研究を発表している。講義の内容は法学者らしく明確、しかしながら語り口はコメディアンのように面白いという評判あり。