沖縄県公文書館 > 公文書館通信 > あの日の沖縄 > 1969年12月4日 米軍基地労働者の大量解雇発表

あの日の沖縄

1969年12月4日 米軍基地労働者の大量解雇発表

 この日、米軍は沖縄人基地労働者を含む2,400人を解雇する方針を発表しました。日米両政府がいわゆる「佐藤・ニクソン共同声明」で1972年(昭和47)沖縄返還に合意した直後のことでした。財政悪化に悩むアメリカは、共同声明の後、基地機能を維持強化しつつ、経費節減を目的とした人員整理などの合理化を加速しました。これに対して、全沖縄軍労働組合(全軍労)は解雇撤回、離職者対策などを強く要求しました。

全軍労48時間ストライキ 不当解雇撤回要求 1970年9月10日【0000108841/036959】


516人の首切り撤回を要求して行われた全軍労48時間ストの様子 1970年9月【0000108841/036947】

 1972年(昭和47)5月までに約7,000人が解雇され、日本復帰時に約20,000人だった基地労働者は、その後も削減が続いて約9,000人にまで減少しました(平成24年度)。 基地労働者の大量解雇は、日本復帰後の構造的な高失業率の要因になったと言われています。
 当館が所蔵する琉球政府労働局渉外労働課文書には、駐留軍関係離職者の特別給付金に関する資料や失業保険事業に関する資料があります。また、沖縄人基地労働者の雇用履歴を記載した軍雇用員カードもあり、基地労働の実態を伝えています。

【参考文献】
・大山哲「軍雇用員大量解雇問題」『沖縄大百科事典 上巻』 1983年 沖縄タイムス社【T00000187B】
・『沖縄県労働史 第3巻 1966~1973年』 2001年 沖縄県商工労働部労働政策課【0000010834】
・「特集 USCAR労働局文書」『沖縄県公文書館だより ARCHIVES 第32号』 2007年 沖縄県公文書館