沖縄県公文書館 > 資料紹介 > レファレンスQ&A > 閲覧室ではどのような資料を閲覧できますか?

レファレンス Q&A

閲覧室ではどのような資料を閲覧できますか?

閲覧室をのぞいてみよう!

資料の閲覧・複写ができます。            

 書庫に保存されている資料は、検索を行って申請をしていただけば閲覧ができます。書庫から一点ずつ資料を取り出す必要があるため、閲覧申請から資料を提供するまでにはお時間がかかります。 またご質問や申請の内容によっては、当日中に対応出来ない場合がございます。ご了承ください。   ※閲覧申請の受付は16:30までです。時間に余裕をもって申請してください。

ビデオが見られます。

 沖縄戦関連の映像を中心に、米国国立公文書館から収集してきた戦中戦後の沖縄の様子を写した映像がたくさんあります。そのほか、わずかですが戦前の沖縄の様子が分かる映像などもあります。

空中写真が見られます。

 沖縄の地勢分析や戦術地図作成の目的で、米軍が1944年~46年にかけて沖縄県のほぼ全域を撮影した空中写真が約3,500枚あります。戦前の町並みが記録されていて貴重です。

古い写真が見られます。

 沖縄戦中に米軍側が撮影した写真や、琉球政府の撮影した写真が2万枚以上あり、館内のほか、ホームページでも公開されています。ほかにもさまざまな写真があります。参考図書が読めます。 沖縄県の各部が刊行している逐次刊行物を随時登録しています。

 

ご利用前に・・・

利用証登録には身分証明証が必要です。

 現住所の確認できる 免許証/保険証 など公的な身分証をお持ちください。

ノートパソコンの持ち込みOK

 デジタル化された資料は光ディスクでの閲覧が可能です。その資料を持ち込みのパソコンにコピーしていただくことができます。複写料金はかかりません。

 

皆さまのご来館をお待ちしております♪