琉球政府文書

異常気象報告

企画局統計庁「気象調査に関する書類」から、琉球気象台などがまとめた「異常気象報告」という冊子が綴られている2つの簿冊を紹介します。

   

『異常気象報告 1958年第2・4・6号 1959年第2~6号 1961年1~5号 1962年1~3号』(R00006828B)からは、台風、大雨、干ばつなどの概況がわかります。

例えば、「異常気象報告No.2~6」(1959年2月)には、当時、世界最低気圧・最大風速を記録し、大きな被害をもたらした台風サラ(宮古島台風)の概報が収録されています。

       
     また、『異常気象報告 1963年第1~3号 1964年 1965年1・2号 1966年第1~3号』(R00006825B)に収められている1963年3月の「異常気象報告No.1」は、久米島で2.9℃を記録した、同年1月の異常寒波について報告しています。
 

 

企画局統計庁「気象調査に関する書類」には、「気象要覧」という資料もあります。あわせてご覧ください。

R00006832B R00006831B R00006826B

 

★琉球政府文書デジタルアーカイブの利便性向上のため、アンケートにご協力ください。