沖縄県公文書館 > 行事案内 > 過去の講演講座を見る > 公文書管理講座「公文書の評価選別―なにを残し、なにを捨てるか―」

過去の講演講座を見る

公文書管理講座「公文書の評価選別―なにを残し、なにを捨てるか―」

平成28年12月3日(土)に公文書管理講座を開催しました。

沖縄県が日々の業務で作成・収受する大量の公文書は、保存期間満了後、公文書館に引き渡されます。

これらの公文書の中から、歴史資料として重要なものを選んで残す作業=評価選別が公文書館の重要な仕事です。その作業は、どのような基準をもとに行われるのでしょうか。

沖縄県と群馬県のケーススタディーをもとに考えます。

[プログラム]
1) 「沖縄県公文書館における評価選別の実践―シリーズ選別という手法」
福地洋子((公財)沖縄県文化振興会 公文書主任専門員)
2) 「群馬県立文書館と県内市町村の協働による評価選別ガイドライン」
小髙哲茂(群馬県立文書館 公文書係指導主事)