沖縄県公文書館 > 公文書館通信 > あの日の沖縄

公文書館通信

あの日の沖縄

 1945年(昭和20)の沖縄戦で、当時沖縄にあったすべての銀行は機能を失いました。沖縄を占領した米軍は、1946年(昭和21)5月、「沖縄中央銀行」を設立して銀行業務を再開させ、宮古・八重山・奄美大島にもそれ...
もっと見る
 1950年(昭和25)3月5日、中城村にある中城城跡の一帯を整備して中城公園が開園しました。開園式には、沖縄民政府から志喜屋孝信知事と又吉康和副知事、米軍政府からシーツ少将、ハインズ准将、セーファー大佐...
もっと見る
 1945年(昭和20)4月7日、日本海軍の戦艦大和が、多数の米軍艦載機による攻撃を受けて、鹿児島県の坊岬沖で撃沈されました。
もっと見る
 沖縄を占領した米軍は、収容所を設置して住民を囲い込み、生存のために最低限必要な食料等を支給しました。これらの無償配給は、米軍が日本本土上陸のために備蓄していたとされる余剰物資や軍事予算による援助...
もっと見る
 台風銀座と言われる沖縄のなかでも、宮古島はその名のつく台風が3つあるほど、大きな被害に見舞われました。  宮古島台風、第二宮古島台風、第三宮古島台風は、いずれも9月に宮古島地方で猛威を振るいました...
もっと見る
 「八月十五夜の茶屋」(The Teahouse of the August Moon)という小説が、1951年にアメリカで発表されました。これは戦後初期の沖縄を舞台にしており、作者のヴァーン・スナイダーは、1945年(昭和20)の沖縄侵...
もっと見る