沖縄県公文書館 > 公文書館通信 > あの日の沖縄

公文書館通信

あの日の沖縄

new
 沖縄を占領した米軍は、収容所を設置して住民を囲い込み、生存のために最低限必要な食料等を支給しました。これらの無償配給は、米軍が日本本土上陸のために備蓄していたとされる余剰物資や軍事予算による援助...
もっと見る
new
 台風銀座と言われる沖縄のなかでも、宮古島はその名のつく台風が3つあるほど、大きな被害に見舞われました。  宮古島台風、第二宮古島台風、第三宮古島台風は、いずれも9月に宮古島地方で猛威を振るいました...
もっと見る
 「八月十五夜の茶屋」(The Teahouse of the August Moon)という小説が、1951年にアメリカで発表されました。これは戦後初期の沖縄を舞台にしており、作者のヴァーン・スナイダーは、1945年(昭和20)の沖縄侵...
もっと見る
 旧暦7月13日から15日は旧盆です。沖縄では旧盆はとても重要な年中行事です。  盆の入りである13日は「ウンケー」と言い、あの世から祖先の霊をお迎えする日です。14日は「ナカヌヒ」(中日)、15日は「ウーク...
もっと見る
 この日、第50回全国高校野球選手権大会で、沖縄のチームとして初めて準決勝に進出した興南高校野球部が、甲子園から沖縄に帰ってきました。ベスト4まで勝ち上がって「興南旋風」を巻き起こしたチームが熱狂的...
もっと見る
 この日の未明、午前0時15分頃、コザ市(現・沖縄市)で反米騒動が発生しました。  発端は、アメリカ人が運転する車両が道路横断中の男性をひっかけて怪我を負わせた事故でした。事故処理中のMP(Military P...
もっと見る