過去の展示会を見る

沖縄戦と慰霊の日

平成26年6月17日から8月3日まで、当館ロビーにて沖縄戦の概要と慰霊の日の意義について解説したパネル展を開催しました。

1945 年、第二次世界大戦下において、米軍を主体とする連合国軍と日本軍は、 沖縄で激しい地上戦を行いました。

沖縄戦は、太平洋戦域での最大規模の陸戦で あり、最激戦の一つと言われます。

沖縄戦が終結して69 回目の「慰霊の日」をむかえるにあたり、当館所蔵の米国 収集沖縄戦関係資料をもとに、住民が体験した沖縄戦と戦争の被害者を追悼する 「慰霊の日」のこれまでをふり返ってみましょう。