沖縄県公文書館 > 行事案内 > 過去の講演講座を見る

行事案内

過去の講演講座を見る

[公文書管理講座]相模原市の公文書館のつくりかた
 市町村にも公文書館が必要なのはわかっているけど、うちの自治体ではとても無理ー。でもあきらめないで!知恵と熱意で市のアーカイブズを作り出した神奈川県相模原市の取り組みから、多くのことを学べるはずで...
もっと見る
[公文書活用講座]空中写真にみる沖縄の村落空間
 沖縄県公文書館は、1945年の沖縄戦前後に米軍が撮影した空中写真を収集し、利用に供してきました。 本講座では、空中写真がとらえた画像を活用して、沖縄の村落の基層に迫ります。
もっと見る
[公文書管理講座]歴史公文書を災害から守る
日々作成される公文書には歴史資料として重要なものが含まれており、国や地方公共団体は、これらの公文書の保存・利用に関し、適切な措置を講ずる責務があります。近年災害が頻発するなかで、公文書の失われるリ...
もっと見る
[活用講座]米軍作成の沖縄戦関係資料
 平成29年9月9日(土)に公文書活用講座「米軍作成の沖縄戦関係資料」を開催しました。  沖縄県公文書館は、平成7年の開館以来、米軍作成の沖縄戦関係資料を収集し利用に供してきました。沖縄戦の体験や教訓を...
もっと見る
[講演会]下河辺淳文書に見る「沖縄と日本」の構図
 平成29年7月15日(土)に講演会「下河辺淳文書に見る『沖縄と日本』の構図」を開催しました。  国土事務次官を務めた下河辺淳氏(2016年没)は、日本復帰後の沖縄振興のあり方を模索し、1995年以降対立が深ま...
もっと見る
公文書管理講座「公文書の評価選別―なにを残し、なにを捨てるか―」
 平成28年12月3日(土)に公文書管理講座を開催しました。  沖縄県が日々の業務で作成・収受する大量の公文書は、保存期間満了後、公文書館に引き渡されます。 これらの公文書の中から、歴史資料として重要...
もっと見る