沖縄県公文書館 > 公文書館通信 > あの日の沖縄

公文書館通信

あの日の沖縄

 「しまくとぅば」とは、世代を超えて受け継がれてきた地域の生活に根付いた言葉のことです。しかし、過去の標準語を励行する政策や都市化など生活環境の変化により、最近ではしまくとぅばを話すことも聞くこと...
もっと見る
 この日、日本政府の命を受けた内務大書記官の松田道之は、警官160名、熊本鎮台分遣隊400人の武装兵力をもって首里城へ向かいました。 松田は、琉球藩王尚泰が、日本政府のたびたびの命令に従わないので、琉球...
もっと見る
 沖縄を代表する料理の一つに「沖縄そば」があります。小麦粉・食塩・かん水を原料としており、日本そばとは違って「蕎麦粉」を使用しないため、製法的には中華めんに分類されます。明治時代中期以後に、那覇の...
もっと見る
 この日、米軍第三機動部隊空母から発進した艦載機が南西諸島全域を爆撃しました。
もっと見る
 この日、沖縄での通貨がB型軍票(いわゆるB円)から米国ドルに統一されました。当時、沖縄は米国施政権下にあり、米軍が発行する緊急通貨であるB円が流通していました。琉球列島米国民政府高等弁務官は布令第1...
もっと見る
 1969年(昭和44)7月、美里村(現沖縄市)の知花弾薬庫に1万3千トンの毒ガス兵器が貯蔵されていることが、基地内で起きた毒ガス漏れ事故のスクープをきっかけに明らかになりました。  ジュネーブ議定書により...
もっと見る